上級者のための英語学習

f:id:c-omori-0610:20200406020658j:plain

こんにちは。Chihiro(@chihiro_in_NY)です。

今日は私のこれまでの経験も踏まえて、英語の中級者~上級者の方がどのように英語の勉強をしたら良いのか自分なりに考えたことを皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

私の英語力

アメリカに来てから4年9か月が経ちました。来たばかりの頃はTOEIC740点を必死に取った純ジャパで、語学学校の真ん中のレベルのクラスにすらついて行けないような英語力でした。特に最初の2年は英語の勉強に加えて大学院出願に向けてTOEFLを勉強していたおかげで、やっと目も当てられないほどの酷い英語力から大学院で授業を受けられるぐらいのレベルを達成することができました。大学院を卒業してからは米系の企業でエンジニアとして働いており、かなり難易度の高い英語を求められていました。私の仕事はエンジニアといっても、「エネルギーコンサルタント」と名乗ることもできるぐらいコンサル色が強かったので、英語で正確なコミュニケーションを取れないと業務に支障が出てしまうばかりか、顧客に迷惑をかけてしまいかねないという緊張感の中で働いていました(かなり苦労しましたが・・・)。

 
もう1度初心に戻って勉強

英語のレベルが上級者に近づいてくるにつれ、机に座って英語を勉強する時間が減ってくる人が多いと思います。分からない単語や言い回し、聞き取れない言葉があってもボヤっと全体が理解できてしまうので、「マジで勉強しなきゃ・・・」みたいな英語を勉強する必要性に迫られることがなくなってしまうからです。

しかしながら、ある程度英語が話せるようになったからといって、英文法を全て漏れなく理解しているわけでもないですし、英単語帳に載っている単語が100%理解できているわけでもありません。

なので、ここで敢えて日本人向けの英語教材を勉強しなおすことは、抜けている知識の穴をつぶすという意味で有効だと思います。

私もこの勉強を気が向いた時に実践しており、忘れかけていた文法のルールや簡単な単語を思い出すのにとても役に立っておりので、今後も続けていきたいと思います。

ちなみに今やっている問題集はこれです。一応9割以上は正解できますが、まだ私の知識にも穴があることが確認できるので、とてもおすすめです。解説も詳しくてわかりやすいですよ。

 

 

映画や海外ドラマを見て疑問をつぶしていく

英語が上級者に近づいてくると、海外ドラマや映画も100%の理解とはいかずもボヤっと8割ぐらい理解できてしまいます。しかし、これに関しても穴を埋めていく感覚で

地道に勉強していきましょう!

  1. 映画やドラマを観る
  2. 分からない表現・聞き取れないセリフがある
  3. 一時停止
  4. ノートにセリフを書き写す
  5. 意味を調べる
  6. 再生

これを繰り返すのが地味に効きます。私は語学学校に通っていた頃、2年間毎日この勉強法を続けていました。

洋書を大量に読む

洋書を大量に読むことは、英文を高速で処理していく良いトレーニングになると思っています。難しい構文があっても返り読みせず、辞書を引くこともありません。以下の記事におすすめの勉強法を書いているので、ぜひこちらも併せて参考にしてみて下さい。

 

www.chihirony.com

 

実践・実践・実践

ちょっと前にこんなツイートをしたら多くの方から反応を頂きました。

 

英語において1番の難関は爆速英語を話すネイティブスピーカー複数名+自分という状況で会話について行くことです。慣れるまで精神的にも辛いですが、いつまでも「英語勉強しなきゃ・・・」という気持ちになるのは、自分がこういう場で会話のノリについて行けずに寂しい思いをした後だったりします(笑)あとは、定期的にこういう環境に身を置くことで会話についていく体力をつけることができます。

 

余談ですが、私は個人的にスラングの勉強も必要だと思っています。別に自分が進んで使う必要はないですが、いい大人でもスラングを使って話すアメリカ人はとても多いです。ビジネスの場では使わなかったとしても、くだけた会話になると使いだす人もいます。なので、スラングを使うことを目標とせずに、スラングを理解できるようにしておくことも大切です。英語を使う目的によるので、一概には言えませんが。

最後に

上級者の勉強で意識するべきことは、知識の穴をつぶしていくことと、自分に負荷がかかる環境に身を置いて慣れることだと思います。何年海外に住んでいても自分の英語力に満足できる日は永遠に来ないです。まさに終わりなき旅です・・・が、諦めたらそこで試合終了なので、皆さん一緒に頑張りましょう。この記事が英語上級者の方の学習に少しでも役に立てていただけたら嬉しいです。

 

ではー!