ニューヨーク日和-The heart of it-

2015年7月ニューヨークに留学。大学院を卒業し、米企業にてエンジニアとして働き始めました。

日本のみんなに伝えたいこと

本日ブログを始めました。

この気持ちを忘れないうちに、日本の皆さんに伝えたいことがあったからです。

現在はニューヨーク在米3年目になりますが、2017年7月末〜8月16日まで日本に一時帰国しました。

2年前にニューヨークに渡って以来2度目の帰国なのですが、日本に帰ると毎回、何とも言えない息苦しい感じがします。

例えば、学生時代の友達はみんな揃って同じような話題を口にします。

30歳を目前にして周りはみんな結婚ラッシュ。どうやってプロポーズされたか、同棲、親同士の顔合わせ、結婚式場の選定…

あとは職場の話題。待遇、仕事内容、異動、給料…

こういう話題ばかり。

大学卒業→就職→結婚→出産→……

という大多数の人が歩むレールの上で悩んでいるだけに見えて、なんかなぁ…という微妙な気持ちになってしまいます。

一方で、私はこれからニューヨークの大学院に進学予定。

まだまだ安定とは言えないいばらの道を歩んでいきたいとメラメラしています。

米国の企業に就職できたらいいな、とか、ネイティヴと対等に話せる英語力を身に付けたいな、とか、考えれば数え切れないぐらいやりたいことがあります。

2年前に会社を退職した時点で「ああ、これでレールを外れてしまったな」という思いは少なからず持っていたけど、

その決断に全く後悔はないです。

誤解しないで欲しいのは、安定思考やレールの上に乗っている人生それ自身が悪いと言っている訳ではないと言うことです。

結婚とか出産とか、すごくかけがえのない人生のイベントだし、私も結婚式に参加すると必ず感動泣きしてしまいます。

ただ、それは人生における目的にはなり得ないと言うこと。

本当に自分がやりたいことは何なのか。夢は何か。ちょっと大胆に考えてみて欲しいです。

f:id:c-omori-0610:20171107092844j:image

 

#留学 #ニューヨーク生活 #theheartofit