ニューヨーク日和-The heart of it-

2015年7月ニューヨークに留学。大学院を卒業し、米企業にてエンジニアとして働き始めました。

【メンタル編】引きこもり生活を少しでもマシにする方法

f:id:c-omori-0610:20200323064950j:plain

毎日コロナウイルス関連の話題です。今日の夜8時からニューヨーク州は本格的に外出禁止令が発令されます。まだ数日しか経っていないのに本気でメンタルが病んできた人も多そうなので、この記事を書くことに決めました。

こんなの一生で初めての経験なので、どれだけストレスが溜まるのか、長引く自宅待機の影響がどんなところに出てくるのかもわかりません。明日どうなるかも分からない、不安の真っただ中にいます。

今日のトピックは環境面ではなく、メンタル面の話です。

この引きこもり生活の中でメンタルが病んでしまいそうな状況下、どういうマインドセットで生きて行けば良いのか

 ということについて考えたことを皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

※引きこもり生活を快適にするための方法は以下の過去記事をどうぞ。

www.chihirony.com

 

 

1.SNSに力を入れましょう

多くの人がこの「いつまで続くか分からない引きこもり生活」に対して不安を抱えています。そして、それに伴ってSNSを見る時間も増えていくと思われます。

そこで、SNSにめちゃくちゃ力を入れて、情報発信をしていきましょう!

  • #stayhome というハッシュタグを使い、家でできること(運動、料理、素敵な’ライフスタイル、スキンケア、TVゲームetc...)をシェアする
  • ニュースに張り付いて、最新のニュースをフォロワーにすぐ拡散する
  • 海外に住んでいる人は、国の情報をシェアする
  • オンライン飲み会など、ワクワクするようなイベントを企画してみる
  • YouTubeで発信してみる
  • 今の状況を忘れないうちに正確に記録しておく(後でブログなどで公開するためのコンテンツとして利用できる)

むしろ、こんなに暇つぶしのツールが発展している時代でラッキーだったと思います。もしこれがインターネットがない時代に起こっていたら、本を読むぐらいしかやることがないですよね・・・(考えるだけで恐ろしい)。

 

2.開き直ったもの勝ち

この状況で「どうしようどうしよう・・・」と悲観的になり、何もしないのは時間の無駄です。

というか、多くの人が途方に暮れており何もしてません(笑)こういう状況だからころ、「もう自分の力ではどうにもできない!開き直って〇〇をやろう」と今できることに全力投球しましょう。

 

※ピンチに陥った際の開き直りについて、このブログにも書いています。

www.chihirony.com

 

 

3.コロナが終息したらやりたいことリストを作成する

【今はできないけど、コロナウイルスが終息したらやりたい事】を思いつく限り書き出してみましょう。そして、それを実行するために今できることをしましょう。

考えを紙に書き出すことは心のデトックス効果になるし、思考を前向きにするために効果的なので、とにかく実践してみて下さい。

 

 

4.インプットに力を入れる

「1.SNSに力を入れる」で書いたことは主にアウトプットに関してですが、この引きこもりを機にインプットに力を入れるのも良いと思います。

  • Kindleで本をダウンロードして読みまくる
  • Netflixや映画を見まくる
  • YouTubeを見て情報収集する

 

方法は無限にあります。インプットしたことを自分の中で消化して、自分の考えや知識を織り交ぜた上でアウトプットもできたら完璧だと思います。

 

 

5.最後に

私は楽しみにしていた6月のアリゾナ旅行がキャンセルになりそうで悲しみの真っただ中ですが、またチャンスはあるだろうとポジティブに考えて忘れようと思います。

ひどい人は結婚式とか新婚旅行とかがキャンセル(延期)になってるようなので、そんな方々の状況に比べたら全然マシです。

 

それでは、皆さんができるだけストレスフリーに過ごすために少しでもこの記事が役に立ったら嬉しいです。

 

ではー!