ニューヨーク日和-The heart of it-

2015年7月ニューヨークに留学。大学院を卒業し、米企業にてエンジニアとして働き始めました。

日本について改めて思った事

日本滞在も残るところ4日となりました。

 

今回は友達とも殆ど会わずに、のんびりと過ごしました。この1年半は大学院の授業に精一杯で、何週間もゆっくりしたのは本当に久しぶりでした。

 

日本に戻ってきて数日の間は、なんだか自分の国じゃないような、しっくり来ないような、不思議な気持ちで過ごしていました。しかし、27年過ごした日本はやっぱり大好きな私の母国なのだな、と改めて実感しています。

 

やっぱりご飯は美味しいです。

和食はやっぱり自分の身体に合ってるな、と感じます。外食しても美味しいし、丁寧なサービスも受けられて、(ニューヨークと比べて)値段も安い!

 

あと洋服が可愛い!

アメリカにも好きなブランドはあるけど、やっぱり日本のコーディネートは私たちアジア人を魅力的に見せてくれる独特の可愛さがありますよね!小綺麗な美人が多い国です。アメリカは日本と「美しい」の基準が違いますが、フワフワっとした服は少ない一方で、イカつい服や身体にピタッとフィットした服が多い気がします。大胆はお洒落は得意だけど、繊細なお洒落は日本人ほどじゃないです。ニューヨークもお洒落な人はいるけど、全体的に見ると日本人のお洒落偏差値の方が高いです!ほんとに!

日本って安くて可愛い服のオンパレードですね。それほどお金をかけなくても可愛いコーディネートを楽しむことができるし、アクセサリーも安い!

 

 

逆に日本って…と残念に思ってしまうこともいくつかあります。

 

 

年齢を気にしすぎ。

これはいつも思うけど、●●歳って名前と共にいつも表記されてるの、すごく変だと思う。

あとはアラサーとかアラフォーとか言うし、「●●歳からの習慣」とかCMで健康食品とかスキンケア商品を販促してるし。

この例は挙げたらキリがないのでこの辺でやめておきますが、年齢なんて忘れてるぐらいでちょうどいいんです。まじで。

 

 

お店の人、謝り過ぎ。

この前、空港でバスの乗車券を買おうとしてカウンターに尋ねたら、「申し訳ございませんが、お客様がご利用になられるバス会社の乗車券はあちらのカウンターで販売されております」と言われ、ん?と思いました。

別にあなたが悪いわけじゃないのに、何で申し訳ございませんって言ったの?って感じでした。こういうのアメリカの接客に慣れてしまうと不自然に感じてしまいます。

 

 

 話は変わるけど、日本人って「すいません」っていう言葉がExcuse meとSorry っていう意味を持ってるので、Excuse me(ちょっと失礼)とかいう場面でソーリーソーリー言ってしまうんですよね(´;ω;`)

 

f:id:c-omori-0610:20190118213044j:image

イチゴのケーキ。美味しかった。

では!