ニューヨーク日和-The heart of it-

2015年7月ニューヨークに留学。大学院を卒業し、米企業にてエンジニアとして働き始めました。

自分を変えるのが1番早いよね

 

f:id:c-omori-0610:20180916040420j:plain

当たり前のことなんだけど、人や仕事などに対して不満を持つんだったら、自分が変わるか、自分から環境を変えるように努力するのが1番早いよね。

 

例えば、私はずーっと前住んでいるブルックリンの家に対して不満を持っていて、それを悶々と考えながら、結局3年もそこに住んでいました。

 

理由は、「家賃が安いから」

 

今となっては、少し家賃が上がっても環境が良い方が生活の質も上がるし、パフォーマンスも向上すると断言できます。

 

前の家に住んでいたころは、今の半分ほどの家賃だったため、多少無駄遣いしても貯金できるような状態でした。

 

また、家が遠かったので、学校に行くにも職場に行くにもマンハッタンを通りました。

(通勤通学のルートに無駄が多かった)

 

なので、いらない服や化粧品をちょこちょこ買っては散財していました。

 

しかし、今は家の立地が良く、マンハッタンまで出て買い物することも減りました。

 

そして、結果として無駄遣いが激減しました。

 

家賃が上がったという意識から、無意識のうちに節約(そんなにけちけちしてるわけではない)の意識も芽生え、いらないものを買うこともほぼなくなりました。

 

話が脱線しましたが・・・

 

要するに、環境や他人に不満が出てきたら、その不満を言わなくてもいいように自分を変えるか、環境を変えましょう。

 

特に恋人や親しい友人に対しての不満は、「相手を変えてやろう」という方向に考えがちですが、近い仲とは言えども相手は他人です。

 

人を変えるのは無理です。エネルギーを変な方向に消耗して疲れると思います。

 

私は前に長く付き合っていた彼氏が出不精でめんどうくさがりな性格でした。

しかし、私が海外旅行が大好きで、何度も一緒に行っているうちに相手も旅行が大好きになっていました。

私はあのころは「私のおかげで彼に海外旅行のわくわくを教えることができたんだ」と思っていましたが、今考えるとそんなことにエネルギーを使うのではなく、もとから旅行が好きな相手を選んでいればよかったのでは?とも思います。

相手を変えるために使ったエネルギーを自分のために使えていたら・・・と。

 

なので、私は今日から、「やると決めたらパッと行動する人」になります。なぜならば、やりたことがたくさんあるのにその半分も行動できていないことに気が付いたからです。

 

c-omori-0610.hatenablog.com

c-omori-0610.hatenablog.com

 

 

そうやって少しずつ自分をアップデートしていけたらと思います。